9月になりました。
一気に涼しくなりましたね…。このまま秋突入なんでしょうか?

さて、今日はせどりツールの話です。
せどりツールはせどりを副業のメインにする人からすれば
外せない必須アイテムになりつつありますね。

これがないと作業が何時間も増えてしまって、夜は寝る暇すらなくなってしまいます。

ツールにも様々な種類がありますが、
今回は買い切りのツールの話をします。

そもそもツールには、買い切り型と月額課金型があります。

簡単にいえば、一回買ったらずっと使えるタイプと、
継続的に使用料を支払うタイプ、ということです。

せどりを長期間続けるのであれば、月額より買いきりのほうが最終的な投資額は少なくなります。
ですので、買い切りタイプがオススメです。

買い切りツールで不安な点は、購入した後にその機能がサポートされなくなり、
使えなくなることでしょうか。

買ってすぐ使えなくなってしまっては意味がありませんので、
定期的な更新をしてもらえるソフトを購入する必要があります。

またその更新も無料でなければ買い切りソフトを買った意味はありませんよね。
この辺りも十分確認をするべきでしょう。

月額と買い切り、どちらがいいかは電脳せどりのスタイルにもよるので一概には言えませんが、
毎月の出費として計算するよりも一時的な出費と覚悟して、
早くそれを取り戻さなければと努力するほうが
モチベーション維持はし易いかな、と思いますね。